タイトルロゴ

■ 会長(運営委員長)からのメッセージ

                    行動科学の発展のために

日本行動科学学会 会長
坂田 省吾 (広島大学大学院総合科学研究科)

 行動科学とは何か。これは1993年に行動科学学会が異常行動研究会(Personality and Behavioral Disorders, PBD)から変遷していく過程で何度も議論されたことです。本学会は1960年に設立されたPBDを母体としています。行動科学学会では「異常行動(PBD)研究会誌」から引継いだ機関誌として「行動科学」を発刊しています。この機関誌の最後に会則が掲載されています。その会則第3条に「本学会は行動の基礎研究及び応用的研究に関心を有する者が相互の連携共同により、行動の基礎理論とその応用の進歩をはかることを目的とする」と謳われています。「行動」は「こころ」を反映した客観的指標として活用されます。厳密に統制されて計画された基礎的な実験結果から、現場の「行動」の意味を探ろうとしています。逆に臨床的な「行動」の理解のために、基礎的な実験を計画してその結果から意味を理解しようとしています。「基礎と臨床」が手を取り合って「行動」について忌憚なく話ができる場として行動科学学会があると考えます。「行動」の理解のためには研究者相互の理解が不可欠です。そんな場所が提供できる学会でありたいと願っています。行動科学に関心のある研究者が多く集える場所であるように、皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。
 以下は前会長の津田彰先生が掲げられていた行動科学学会のあるべき姿です。これを引き続き進展させていきたいと考えています。会員の皆様や関連諸領域の皆様のご協力を引き続きお願い申し上げます。

○ディシプリンとしての行動科学と学会の将来ビジョン

(1) 行動科学という学問に対するアイディンティティの確立

(2) あるべき姿、行くべき方向、すべきこと、社会貢献の模索

(3) 会員が行動科学の目標に向かって、研究、実践していけるようにする

(4) 若手研究者の育成

 

○研究活動の活性化

(1) 隣接領域との共同研究の推進、セミナー、シンポジウム、研修会の共催

(2) 会員の自主的な研究グループの推進と支援

(3) 学会誌のさらなる質的向上(招待論文、海外研究者からの総説等)

 

○開かれた学会運営

(1) 運営委員会や専門委員会の活動の活性化

(2) 地区委員会のネットワーク化

 

*Discipline(ディシプリン): 「弟子、門人の教育」から転じて、鍛錬・修養、専門分野・学問分野などの意。


■ 役員一覧

日本行動科学学会(JABS)各委員(2016-2017)
運営委員会 運営委員長(学会会長)
事務局長
事務局次長
地区別運営委員
 北海道・東北地区

 関東・甲信越地区


 東海地区

 関西地区

 中国・四国地区

 九州地区

坂田 省吾 (広島大学)
服部 稔 (広島大学)
崎本 裕也 (山口大学)

和田 博美 (北海道大学)
堀内 聡 (岩手県立大学)
沢宮 容子 (筑波大学)
杉山 尚子 (星槎大学)
柳井 修一 (東京都健康長寿医療センター)
原井 宏明 (なごやメンタルクリニック)
川合 伸幸 (名古屋大学)
内山 伊知郎 (同志社大学)
坂本 敏郎 (京都橘大学)
岩田 昇 (広島国際大学)
大木 祐治 (四国学院大学)
田山 淳 (長崎大学)
岡村 尚昌 (久留米大学)
会計監査

津田 彰 (久留米大学)
長田 久雄 (桜美林大学)
編集委員会 編集委員長
編集委員






畑 敏道 (同志社大学)
坂本 敏郎 (京都橘大学)
手塚 洋介 (大阪体育大学)
水野 邦夫 (帝塚山大学)
田中 あゆみ (同志社大学)
小田桐 匡 (京都橘大学)
大河内 浩人 (大阪教育大学)
堀内 聡 (岩手県立大学)
友野 隆成 (宮城学院女子大学)
企画委員会 企画委員長
企画委員

田中 芳幸   (京都橘大学)
岡村 尚昌 (久留米大学)
漆原 宏次 (北海道医療大学)
出版委員会 出版委員長
出版委員


松田 英子 (東洋大学)
嶋崎 まゆみ (兵庫教育大学)
島津 明人 (東京大学)
矢島 潤平 (別府大学)
広報委員会 広報委員長
広報委員

高瀬 堅吉 (自治医科大学)
小川 まどか (東京都健康長寿医療センター)
伏島 あゆみ (金沢工業大学)
編集顧問


今田 寛 (関西学院大学)
岡市 広成 (同志社大学)
長田 久雄 (桜美林大学)
*正式には7月末の総会決議後の役員ですが,学会運営上4月からご就任いただいております


■各委員会の目的と活動内容

■編集委員会

  1. 委員会の目的
     学会機関誌「行動科学」を年2回発行するために,編集委員会を設置する。 これに掲載する論文は,「行動の基礎研究及び応用的研究に関心を有する者が相互の連携共同により, 行動の基礎理論とその応用進歩をはかること(会則第3条)」という当学会の目的に一致することを条件とする。
  2. 活動内容
    1. 編集規定に基づく機関誌の編集
    2. 投稿原稿の審査及び審査の依頼)
    3. 審査規定(内規)に基づく投稿原稿の採否の決定
    4. その他,学会長が必要と認めた機関誌の編集に関わる活動

■企画委員会

  1. 委員会の目的
     本学会が開催する年次大会(夏の大会およびウインター・カンファレンス)を企画し運営上の助言を行うために,企画委員会を設置する。
  2. 活動内容
    1. 年次大会の企画および相応しい会員への大会委員長の依頼
    2. 大会委員長(案)の拡大運営委員会への提案
    3. 拡大運営委員会の承認後,年次大会の企画・運営に関する大会委員長および主催校への必要な助言
    4. その他,学会長が必要と認めた大会や行事に関わる活動

■出版委員会

  1. 委員会の目的
     「行動の基礎研究及び応用的研究に関心を有する者が相互の連携共同により,行動の基礎理論とその応用進歩をはかること(会則第3条)」 という当学会の目的(会則第3条)に寄与する書籍の出版の企画立案,補助を行うために,出版委員会を設置する。
  2. 活動内容
    1. 行動科学ブックレットの出版企画および編集
    2. 学会として発行するもしくは他学会と連携して発行する書籍等の企画および編集
    3. その他,学会長が必要と認めた書籍等出版に関わる活動

■広報委員会

  1. 委員会の目的
     日本行動科学学会が行う諸活動についての情報を発信するとともに, 普及啓発活動等の広報活動を充実させ,本学会の発展に資するために,広報委員会を設置する。
  2. 活動内容
    1. ホームページの維持・管理
    2. ニューズレターの編集
    3. その他,学会長が必要と認めた学会内外に向けた広報に関わる活動



[ホーム] [入会案内]  [機関誌] [大会情報] [ニューズレター] [関連する催し] [ニュース] [学会組織] [お問い合わせ] [リンク] 
Copyright(c)2008- Japanese Association of Behavioral Science. All Rights Reserved.