タイトルロゴ

■ 大会・ア・/H1>

日本行動科学学会2013年度年次大会のご案内

企画委員会
北海道大学 和田 博美


 企画委員会ではJABS夏の大会に向けて検討を続けて参りましたが、 このたび漆原宏次先生(北海道医療大学)のご尽力により、 日本心理学会第77回大会のチュートリアルワークショップとして開催することが決まりました。 JABS会員の皆様には奮ってご参加いただきたいと思います。
参加には日本心理学会第77回大会に参加登録し、 チュートリアルワークショップの受講申し込みが必要になります。 定員80名で申し込み順となります。日本心理学会会員の方は第77回大会の1号通信をご覧下さい。 会員でない方は身近の日本心理学会会員の方、または和田にご相談下さい。  

大会概要

 日時:2013年9月19日(木) 11:30-13:00(日本心理学会 大会1日目)
 場所:札幌コンベンションセンター
 演題:目で見て体験する行動科学の世界2013
 企画: 和田博美(北海道大学)、磯博行(兵庫医療大学)、漆原宏次(北海道医療大学)

内容

 前半は動物の不安を取り上げます。不安行動を測定する高架式十字迷路、オープンフィールド、受動的回避・能動的回避装置を紹介し、ビデオを用いてマウスの実験を解説します。オペラント条件づけでは、ラットのレバー押し反応の実演を行います。後半は動物の古典条件づけとヒトの連合学習を取り上げます。一部の参加者に実際に体験してもらう予定です。前半と後半の間に休憩を挟み、この間は上記の実験装置や実演中のラットを間近に見て観察できるようにします。

お問い合わせ

北海道大学 和田 博美
  E-mail:wada[at]let.hokudai.ac.jp ([at]->@)


[ホーム] [入会案内]  [機関誌] [大会情報] [ニューズレター] [関連する催し] [ニュース] [学会組織] [お問い合わせ] [リ・塔N] 
Copyright(c)2008- Japanese Association of Behavioral Science. All Rights Reserved.